人にとってどうしても必要な睡眠

人にとって生きて行く上で欠かせない営みがいくつかあります。
睡眠はそのひとつになります。
まずは、この睡眠について理解を深めていただきたいと思います。

人は、一般的に夜になれば眠たくなり、朝がくれば目を覚まします。
近年の複雑に絡み合った社会の仕組みの影響で、夜に活動する生活を余儀なくされる方もすくなくないでしょう。
基本的には、朝から活動しているが、帰宅して床につけるのが夜中を回ってしまうことが少なくない方もいらっしゃることでしょう。

そんな様々な環境の中で、どうせならいっそのこと眠らずに過ごせる様になればいいのに…なんて考える人はきっと少なくないと思います。

しかし、地球上で生活をする生き物のほとんどが
その進化の過程において、睡眠を切り捨てる事に成功出来なかったのです。

中には、片目を交互につむり、脳を半分ずつ休ませるといった睡眠を手に入れた生き物もいます。
しかし、完全に睡眠を捨て切れた生き物はいないのです。

それ程に睡眠とは生き物にとって欠かせないモノなんですね。

地球上でトップクラスに発達したであろう人の脳でさえ
半分ずつの睡眠を手に入れる事は出来ませんでした。

それ程に生き物にとって睡眠は必要な営みなようです。

こうなれば、眠らないという憧れを持ちながら無闇矢鱈な睡眠で、
一日の疲れを翌日に持ち越すのではなく、睡眠の性質や仕組みを正しく理解して、
効率的な睡眠を取れる様にした方が得策の様に思えます。

このサイトでは、これまでにわたくしが学んできた睡眠に関する情報を
できる限り解りやすいようにまとめていきたいと思います。

まだまだ明確に解明された分野ではありませんから、
これから新しい発見なども起こらないとは言い切れません。

また、睡眠には人それぞれに適した睡眠があり
これが正解!とひとつに定義できるものでもありません。

そんなまだまだ不思議がたくさん残された睡眠の世界を
一度、じっくりと覗き込んでいただきたいと思います。

「睡眠について」に戻る←

  • このエントリーをはてなブックマークに追加